ミルクティーカラーにしてみたい方見てください。

どうも小方です。
さて今回はずーっと人気のカラーの

ミルクティー系のカラーについて

 

このミルクティーカラーという単語をつくり
世に広めたのは
ismというサロンの吉田潤さんだと言われています。
そしてこのミルクティーカラーは出すのが非常に難しいカラーです。

しかし!
最近はカラー剤の進化により
非常に難しいが、難しいくらになりました。
今回はそんなミルクティーカラーを作っていきます!

とりあえずブリーチ
最低でも二回は必要です
今回のお客様は前回ブリーチを二回してたので
今回は無しでいきます。
トナーしてこんな感じ

なるべく黄ばみは消します。
黄色味があると綺麗な色が出にくいので
紫をトナーで入れ込みます。

ここからさらにカラーを乗せるとこんな感じになります

おっ!いい感じですねーー
黄ばみが消えてまろやかなミルクティーカラーになってます。

光に当てないとこんな感じに暗く見えます

グレー系に見えるんですね。
これも可愛いポイントの一つ

がっつり光に当てると

これは、、、
綺麗だ。

カラー剤の進化おそるべし
こんな感じのカラーを毎日染めております
カラーやってみたい方は是非
こちらからご予約を↓
https://beauty.hotpepper.jp/CSP/bt/reserve/?storeId=H000207910&stylistId=T000303868

<広告>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です